--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.0921:15

【著者に聞きたい】太朗想史郎さん 『トギオ』(産経新聞)

 ■“異端”の素顔とは

 作家による文学の新ジャンルや新たな文体への挑戦はほぼ試され、書き尽くされたのではないか。こんな想像を軽々とぶち破る“異端作”が登場した。第8回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作『トギオ』は、かつてない文体で新分野を拓(ひら)きながら、読者を異次元の文学世界へ引き込んでいく。

 同賞への応募は4度目の挑戦という。なぜ“このミス”だったのか?

 「ほかの賞の選考委員はたいてい小説家です。たぶん僕の小説は初めから選考ではじかれてしまうと予想できました。だからプロの読み手に判断してほしかったんです」

 “このミス”の選考委員は小説家ではなく書評家たち。そのプロの読み手はどう講評したのか。

 大森望氏は「冒頭の一行から尋常ではない」と驚き、茶木則雄氏は「一言で言って、ものが違う、と感じさせる異彩ぶりだった」と称(たた)え、吉野仁氏は「『このミステリーの枠を超えてすごい!』大賞は文句なしに、これ」と大絶賛した。

 異才が育(はぐく)まれた背景を探ると「大学時代にどうも自分は組織に向いていないなと気付きまして…」。現在30歳。就職活動を途中でやめたため社会人経験はない。自宅に引きこもり、いわゆるニートとして過ごしてきた。が、大学4年生のとき、本格的に小説を書き始める。同賞にこだわった理由は「選考委員の講評をすべて教えてくれるから」。弱点を克服しながら、独創的な文体を練り上げていった。

 貧しい村で激しくいじめられ傷つけられた主人公の少年が港町へ逃亡し大都会・東暁に流れ着く-という物語。東暁とは“歪(ゆが)んだ大都市・東京”を指すと想像できる。

 朝から昼過ぎまで執筆し、午後3時から散歩に出掛け、本屋で数冊買って帰宅、夕食まで執筆する。この生活を変えるつもりはないという。「賞金の使い途? 好きな本を買いたいです」。“異端”な青年の素顔は柔和だった。(宝島社・1470円) 戸津井康之

                  ◇

【プロフィル】太朗想史郎

 たろう・そうしろう 昭和54年、和歌山県生まれ。小学6年から中学卒業まで英ロンドンに在住。一橋大学卒業。

雪の影響で19人負傷=転倒相次ぐ-東京(時事通信)
首相動静(2月1日)(時事通信)
<編集長インタビュー>激動の経済とともに歩んで10周年 「ダイヤモンド ZAi」 尾川賢志さん(毎日新聞)
<内服薬>バラバラ処方せん標準化へ 誤読の危険回避へ(毎日新聞)
鳩山首相 小沢氏の幹事長続投、改めて容認(毎日新聞)
スポンサーサイト
2010.02.0903:29

TBSゴールデンに韓国ドラマ 「経費削減のため」は本当か(J-CASTニュース)

 TBSがゴールデンタイムにイ・ビョンホンさん主演の韓国ドラマ「アイリス」を放送する事を決めた。TBSが地上波のゴールデンタイムに海外ドラマを持ってくるのは初めてで、韓国メディアは「我が国のドラマが日本のゴールデンに進出」と書き立て、日本のメディアは「ドラマが作れず白旗を揚げた」「韓国ドラマで経費削減」などと酷評した。ただ、TBSに話を聞くと、真相は全く違うのだという。

 「アイリス」は2009年10月から12月にかけ韓国の公共放送KBSテレビで放送されたスパイアクションドラマ。日本、中国、ハンガリーなど長期の海外ロケを行い、制作費は日本円で15億円。韓国での最高視聴率は39.9%も獲得した大人気ドラマ。日本は秋田県がロケ地となり、白竜さん、笛木優子さんなど日本の俳優も出演している。10年4月から毎週水曜日21時から放送される。

■海外の人気ドラマを流せば経費は半分以下?

 民放キー局がゴールデンに海外ドラマを持ってくるのは極めて異例。「アイリス」のゴールデン放送が決まるとネットでは「なぜ日本のドラマを流さないのか」といった批判が起きた。掲示板「2ちゃんねる」では、

  「番組制作する気が無いなら、電波を総務省に返還した方がいい」
  「これはもう、ヤケクソだろうwwwwww」

などという書き込みがたくさん出た。

 「週刊現代」は10年2月13日号で、TBSは「水曜に続き火曜も『視聴率1ケタ』の危機」というタイトルの記事を掲載した。2010年1月19日の火曜日は全ての番組の視聴率が1ケタ台。不況も相まって様々な番組でスポンサーが降板。民放の4位が定着しつつあるジリ貧のTBSはそんな「魔の水曜日」のゴールデンに「アイリス」をぶつける、と書いている。

 その理由を、TBS関係者の話として、

  「ゴールデンのドラマの制作費は1話4000万円ほどだが、海外の人気ドラマを流すだけなら経費が半分以下で済む」

などと説明している。

■「アイリスは自社制作のドラマ」とTBS

 また、

  「自前で面白い番組が作れないと白旗を上げたのも同然」

とし、TBSでは斬新なドラマを作りたくても、失敗を恐れ、企画を立ち上げることができないのが現状だ、と断じた。

 本当にTBSはドラマが作れなくなってしまったのだろうか。同局番組宣伝部に聞いてみたところ、今回、海外ドラマをゴールデンに持ってくるのは初めてだが、メディアが報じている内容には間違いがあり、

  「アイリスはTBSが出資し、制作したTBSのドラマです。それは、制作委員会メンバーにTBSの名前が刻まれていることでわかると思います」

と指摘する。韓国で大ヒットを記録したわけだから「面白い番組が作れない」などということはない、とも力説した。また、経費節減についてはこう話した。

  「15億円全てを出資したわけではありませんが、日本で新作ドラマを作るより、はるかに高額な費用がかかっています」

 破格の制作費をかけて大作に仕上がった「アイリス」。韓国で大ヒットしたのを受け、ゴールデンにぶつけることを決めたのだそうだ。


■関連記事
オバサマは「ヨン様の聖地」 埼玉の高麗神社を目指す : 2008/06/09
「韓流」ブーム終わった 映画観客、旅行者がた落ち : 2007/02/15
TBS警察呼ばず、犯人国外逃亡 「ブラック紙幣」詐欺番組で論議 : 2009/12/07
若者あつめる「韓流レトロ居酒屋」 27歳経営者が語る「人気の秘密」 : 2008/01/23
「探偵!ナイトスクープ」 初ゴールデンが「コケた」理由 : 2009/03/21

<関西テレビ>プロ野球選手ら情報のUSBメモリー紛失(毎日新聞)
被害者になるかも…不審死で警察が2人に警告(読売新聞)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
重機窃盗容疑でガーナ人ら逮捕=4県で被害数十台か-新潟県警など(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。